本  名   長谷川 観樹
僧  名   長壽院 日達
生年月日  1973年(昭和48年)11月11日
新潟県小須戸町大沢感応寺にて、広瀬観成の長男として生まれる。
子供の頃から剣道を習い、スキー部、バドミントン部に所属。
平成8年立正大学仏教学部宗学科卒業。同年大学院入学、後に中退。
平成12年法華宗学林研究科入学。在学中は田端大久寺にて修行。幼少より師匠(父)広瀬観成師からお経を習い、在京時には大久寺先代住職佐古弘文師より僧侶としての心得を学ぶ。
平成11年新潟県村松町(現五泉市)本行寺・長谷川想哲師の養子となり、翌平成12年5月7日、本行寺住職に就任。村松本行寺17年間の在任中には、檀信徒の協力を仰ぎ、庫裡の改築、境内地の整備、墓地整備、無縁墓供養塔の建立などの事業を行う。
平成28年春、父の加齢により北海寺の後任住職に推され、平成29年4月1日、住職に就任。

仏様とのご縁、皆様のお陰で今の自分があると感謝しています。